デジタルバンキングセミナー2018

オープンAPIを定義した改正銀行法施行で金融機関とフィンテック事業者の協働という新しい時代(オープンイノベーション)が始まりました。
本セミナーでは、そのオープンイノベーションを積極的に遂行している3メガバンクグループを招き、事業者とどのように連携したらよいのか。また生体認証や人工知能など新しい技術にどう取り組んだらいいのかを研究します。
また、銀行のみならず証券や保険の新しい動きも紹介し、預金・融資・為替に留まらず、新しいビジネスの姿を探ります。

会期
2018年10月25日(木)~26日(金)
会場
東京国際フォーラム(東京・有楽町)ホールD7
主催
日本金融通信社
後援
金融ジャーナル社、CMC
受講料
20,000円(税込)/2日間通し、事前登録制
定員
80人(先着順)
問合せ先
日本金融通信社(ニッキン)FIT事務局
TEL: 03-5860-7130
e-mail: fit2018@nikkin.co.jp
https://fit.nikkin.co.jp/digitalbanking.html
第一日目:10月25日(木)
受付 13:00
第1セッション
13:30
|
14:20
証券API活用によるオープンイノベーションの取り組み

2012年より証券AP「I kabu.com API」を開放しています。その活用によるFintechスタートアップとのスピーディな提携・事業化の事例や異業種企業の証券業参入を促進し「貯蓄から資産形成へ」の流れを加速させる取り組みについて話します。

カブドットコム証券
代表執行役社長
齋藤 正勝 氏
第2セッション
14:30
|
15:20
生体認証を活用した本人確認サービスおよび新サービスの紹介

SMBCグループのポラリファイが提供する生体認証プラットフォームサービスをはじめ、日本マイクロソフトと共同開発した対話型AI自動応答システム「SMBCチャットボット」などについて紹介します。

株式会社 ポラリファイ 代表取締役社長 兼
三井住友フィナンシャルグループ ITイノベーション推進部 部長
和田 友宏 氏
+(1名登壇予定)
第二日目:10月26日(金)
受付 13:00
第3セッション
13:30
|
14:20
Blue Labにおけるオープンイノベーションによる新規事業創出 ~データ・AIの利活用と業務効率化~

〈みずほ〉におけるテクノロジー(AI・OCR・RPA)を活用した業務効率化の取り組みと、Blue Labにおけるオープンイノベーションによる新規事業創出について紹介します。

みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部
シニアデジタルストラテジスト
白河 龍弥 氏
第4セッション
14:30
|
15:20
オープンAPIでつなぐデータ利活用~銀行・保険への提案~

『個人情報銀行』が創設されるなど、個人情報を資産として機関に預ける時代へと変化しています。それらを活用するにはAPI連携が不可欠です。国内外で展開される事例を元にデータ利活用とAPI連携の可能性について話します。

株式会社Warrantee
代表取締役
庄野 裕介 氏
会場のご案内
東京国際フォーラム
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
代表電話:03-5221-9000
<交通>
JR線: 有楽町駅より徒歩1分
東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)

地下鉄有楽町線:有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)
日比谷線:銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
千代田線:二重橋前駅より徒歩5分
丸ノ内線:銀座駅より徒歩5分
三田線:日比谷駅より徒歩5分