出展企業詳細

展示情報 (展示ブース全体の情報)

出展社名

コクヨ株式会社
コクヨ

英文出展社名

KOKUYO Co.,Ltd.

担当部署1

事業開発センター

担当部署2

ドキュメントソリューション事業部

住所

108-8710
東京都 港区港南1-8-35

問い合わせ電話番号

03 - 3474 - 7146

ホームページURL

https://www.kokuyo-st.co.jp/solution/ims/

展示の見どころ

展示内容

金融機関様の文書管理業務の効率化と事務リスク低減を実現するコンサルティング、システム、ツールを提供しております。
展示ブースでは、文書の特性に応じてイメージ化や集中化をすることでペーパーレス化を促進するソリューションをご紹介いたします。

・文書管理システム<金文>
金融機関様で発生する文書に管理ルールを設定し、発生から廃棄まで一元的に管理するシステムです(採用実績:24金融機関)。不要な文書の発生を防止すると共に、ペーパーレス化促進ツールとしてもご利用頂いております。展示では、紙文書のイメージ化及び原本管理方法をご紹介します。

・電子化文書閲覧ASPサービス<Re:FIND、Re:MATCH>
電子化した文書を、クラウドで検索・閲覧できるサービスです。原本保管、電子化、閲覧までをワンストップで提供しております(管理実績:70金融機関870万書類)。伝票・諸届等の電子帳簿保存法スキャナ保存への対応ついてもご紹介します。
(※本サービスは株式会社だいこう証券ビジネスとの協業により提供しています。)

・債権書類管理システム
ICタグを用いて債権書類の棚卸時間を劇的に削減します。また、勘定系データや契約書作成システムとの連携により、入庫すべき書類や、契約内容変更時の追加書類、返却すべき書類を把握できるようになり、営業店の書類送付作業の負荷を軽減し、集中部門での徴求漏れを防止します。

ロゴ・出展商品画像

出展製品画像

商品情報 (1)・個別展示商品の情報

商品のキャッチコピー

文書管理の標準化・効率化・ ペーパーレス化をサポート!

商品名

文書管理システム「金文」

3つのポイント・特徴

文書の取り扱いルールを一元管理し、業務改善の基盤に
紙文書から電子文書へのスムーズな移行
ペーパーレスを継続的に実施できる体制を実現

紹介文

近年、金融機関様の業務改革の一環として文書の電子化、イメージ化等のペーパーレス化が進められています。一方でまだ多くの紙文書が発生しており、弊社にもペーパーレス化に関する問い合わせが年々多くなっています。

「金文」は、金融機関様の文書の発生から廃棄までをデータベース上で一元的に管理できる文書管理システムです。文書ごとに保存方法(電子・紙)や保存期間等の管理ルールを設定し、文書の取り扱いが明確になります。
紙での運用からイメージ化や電子運用化に移行するペーパーレス化の取り組みを行う上での基盤にもなります。

「金文」のコンセプト:
・文書取り扱いルールの一元管理と専門知識を必要としない維持体制を実現する。
・作業負荷が少なく効率的なイメージ化、集中化により紙文書削減を実現する。

商品情報(1)の問い合わせ担当部署

事業開発センター

電話番号

03 - 3474 - 7146

メールアドレス

商品サイトURL

https://www.kokuyo-st.co.jp/solution/ims/

導入実績





ソリューションの特徴-サービス種別
ソリューションの特徴-最低導入期間
想定企業規模

商品画像
商品のロゴ画像

商品情報(2)

商品のキャッチコピー

伝票・諸届等の電子帳簿保存法スキャナ保存をサポート!

商品名

電子帳簿保存法スキャナ保存対応クラウドサービス「Re:MATCH」

3つのポイント・特徴

更改不要で、さらに初期費用、タイムスタンプ費用もお得
電子帳簿保存法スキャナ保存制度申請を提携税理士とサポート
電子帳簿保存法で必要な入力業務のBPOサービスも可能

紹介文

金融機関様で発生する口座開設申込書、領収書、伝票、口座振替依頼書などは量も多く、紙の取扱においては管理コスト、コンプライアンス、事務負担が課題となっています。
・紙の台帳化、保存期間管理、廃棄管理は事務負担が大きい
・官公署による閲覧対応に営業店は時間がかかっている
・量が多く紙文書を保管する場所がない

「Re:MATCH」は、近年緩和された改正電子帳簿保存法スキャナ保存制度に対応したクラウドサービスです。
・導入から申請・運用を支援することで、スキャナ保存制度を活用した業務改善をサポートします。
・事務処理の平準化・迅速化
・スペースの有効利用
・セキュリティの向上、コンプライアンスや内部統制の強化
・システムのメンテや監視が不要
・電子化したい紙文書をお預かりし、電子化入力作業もサポート可能
 (本サービスは株式会社だいこう証券ビジネスとの協業により提供しています。)

商品情報(2)の問い合わせ担当部署

事業開発センター

電話番号

03 - 3474 - 7146

メールアドレス

商品サイトURL

https://www.kokuyo-st.co.jp/solution/ims/

導入実績





ソリューションの特徴-サービス種別
ソリューションの特徴-最低導入期間
想定企業規模

商品画像
商品のロゴ画像

商品情報(3)

商品のキャッチコピー

正確性と効率を両立した債権書類管理

商品名

債権書類管理システム

3つのポイント・特徴

上位システムからのデータ連携によるの書類授受業務の効率化
コストに合わせて選べるICタグ
集中化(倉庫設計・ラック・用品)をトータル提案

紹介文

金融機関様で発生する書類の中でも、顧客からの確認や裁判証拠として最も重要な債権書類は、実行してから完済するまでの間に何度も書類が往来し、追加や返却が行われます。それらの書類を契約中の過程も含めて、確実に管理しなければならない一方で、営業店内における債権書類の管理など定型化できる業務の効率化が課題になっています。

「債権書類管理システム」は、大量の債権書類の登録、棚卸、入出庫といった一連の管理をシステム化し、ICタグ活用により管理することで業務の効率化を支援します。書類の発生時に、勘定系システムや稟議・契約等の情報系システムなどの上位からデータを受信し、個々の契約条件毎に異なる債権書類のリストを自動的に生成することで、営業店で個別に行っていた書類の入庫・管理業務が効率化されます。
また、集中部門でも前述の連携により、未着管理や不備管理等の各種還元資料を参照しながら行う業務が効率化されます。さらにICタグを利用することで、迅速且つ確実に棚卸を行うことができます。

商品情報(3)の問い合わせ担当部署

事業開発センター

電話番号

03 - 3474 - 7146

メールアドレス

商品サイトURL

https://www.kokuyo-st.co.jp/solution/ims/

導入実績





ソリューションの特徴-サービス種別
ソリューションの特徴-最低導入期間
想定企業規模

商品画像
商品のロゴ画像