出展企業詳細

展示情報 (展示ブース全体の情報)

出展社名

Tenable Network Security Japan株式会社
テネブルネットワークセキュリティカブシキガイシャ

英文出展社名

担当部署1

マーケティング

担当部署2

住所

100-0005
東京都 千代田区丸の内1-6-5 We Work 10F

問い合わせ電話番号

ホームページURL

https://jp.tenable.com

展示の見どころ

展示内容

平成30年10月に金融庁から「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」が発表されました。「金融機関のサイバーセキュリティ管理態勢の強化」内で今後推進していく「平時のサイバー対策」として具体的に脆弱性対策の名前が挙げられています。ウイルス対策ソフトやファイアウォールではなく、なぜ脆弱性対策の名前が出るのでしょうか。大手銀行の脆弱性管理を事例にご説明します。また課題とされているセキュリティー人材不足を解決する処方箋とは具体的にどのように対応するべきでなのでしょうか。膨大になり、年々増え続ける脆弱性をどのように優先付け、金融庁からのガイドライン対策を実施するのかご説明します。ご参加者には対策のための資料をお配りします。

ロゴ・出展商品画像

出展製品画像

商品情報 (1)・個別展示商品の情報

商品のキャッチコピー

脆弱性を正確に特定、検査および 優先付け

商品名

tenable.io/tenable.sc

3つのポイント・特徴

脆弱性を優先度付け
コンプライアンスを合理化
包括的なカバレッジと可視性

紹介文

tenable.io/scを使用すれば、データを制御しながらネットワークの包括的な可視性を得ることができます。最先端の Nessus テクノロジーに基づいて構築される Tenable.io/sc は、未知の資産および脆弱性を検出し、ネットワークに侵入される前に想定外の変化を監視します。

商品情報(1)の問い合わせ担当部署

マーケティング

電話番号

メールアドレス

商品サイトURL

https://jp.tenable.com

導入実績





ソリューションの特徴-サービス種別
オンプレミス
クラウド
ソリューションの特徴-最低導入期間
1ヶ月
想定企業規模

商品画像
商品のロゴ画像