ICT・AIで介護支援 トライアングル
ハート事業

ICTとAIによって、入居者の「プライバシー配慮」と「状況理解」を両立し、
介護スタッフ・高齢者(入居者)と離れて暮らすその家族、
三者の課題を解決する介護支援事業。

ABOUT

業務効率化で
深刻な介護人材不足を支える

団塊の世代が75歳以上となる2025年頃、介護需要の急増による深刻な人材不足の解消は喫緊の課題です。
トライアングルハート事業では、ICTとAIによって介護施設入居者の行動データを収集・分析。
必要なアラートを必要な場面で的確に発報できるため、介護スタッフの業務負荷を軽減し、
介護人材不足を業務効率化の面から支えます。

SERVICE

入居者をささやかに見守りながら、
個々に必要な介助を検知してお知らせ

各種センサーを利用し、入居者の行動をささやかに見守ります。センサーから取得した行動データをAIで分析し、日常とは異なる行動を検知すると、アラートでお知らせするサービスです。

各種センサー設置
部屋に照度・温度・湿度・人感・電力・ドア開閉など、各種センサーを設置。
AI分析
センサーから取得したデータをAIで分析。
アラート発報
日常とは異なる入居者の必要な介助を検知し、アラートを発報。

サービスの概要

介護施設入居者の部屋に各種センサーを設置し、センサーから取得された情報をAIで解析することで、入居者の状況を把握・理解し、介護事業者へ情報を連携。介護事業者の業務支援とサービス価値向上を実現するサービスをご提供します。

メリット

  • 01

    スタッフの
    業務負荷・
    精神
    的負荷の軽減

    • 入居者に合わせた危機情報を検知。無為なセンサーの検知を削減し、アラート量を最適化することで、介護スタッフの負荷を軽減します。

    • 業務負荷・精神的負荷の軽減は、働きやすい職場環境を実現し、介護人材確保のしやすさにつながります。

  • 02

    介護事業者の
    サービス価値
    向上

    • 各種センサーから取得した行動データを蓄積・分析し、可視化することで、施設運営の透明性を担保することが可能です。

    • データの蓄積と分析を重ねることで、行動の変化や事故の予兆など問題を早期発見。ケアプランと合わせてサービスをご提供することにより、施設のサービス向上、新たな価値の創出につながります。

SCENE

銀行

融資先(介護事業者)の運営支援施策として

SIB(ソーシャルインパクトボンド)の施策として

ESG投資・SDGs対応

生活関連、ライフサポートサービスの一環として

生保

介護保険の特約、オプションとして

損保

自社運営の介護施設への運営支援施策として

OUR SOLUTIONS

トライアングルハート事業

さらに詳しい情報はこちら

提供会社:凸版印刷
※ダウンロードいただく資料(Webサイトや動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。
【ご利用に際しての注意】上記リンクボタンをクリックいただいた方の会員情報は、日本金融通信社が、提供会社に第三者提供いたします。同意の上、ご利用ください。個人情報利用規約についてはこちらをご確認ください。

< もどる