ホーム > ソリューション紹介の一覧 > クラウドライクのS3フル互換オンプレミス・オブジェクトストレージ「HyperStore」の経済的メリット
ソリューション紹介

クラウドライクのS3フル互換オンプレミス・オブジェクトストレージ「HyperStore」の経済的メリット

長年にわたって企業は、コストの削減、研究開発の支援、情報セキュリティ強化、運用と顧客満足度の向上など、さまざまな用途でマシンデータを活用するために取り組んできましたが、実際は膨大な機械生成データを有効的に理解することはとても困難でした。そこで、Splunkは、マシンデータのインデックス化に役立つトップソリューションの1つとして登場。しかし、より多くのデータが生成され、Splunk環境にインデックス化されるにつれ、企業へのIT予算のプレッシャーが強まっているのが現状です。データ量は増加し、このデータに基づいて意思決定が行われるため、同時に保持期間も長くなります。その結果、増大するデータストアを管理するための、より費用対効果に優れたストレージソリューションが求められています。そして、そのストレージ・ソリューションがクラウディアンが提供する「HyperStore」により、従来のストレージよりコスト削減を実現し、高い拡張性とセキュリティーを提供します。

この記事を書いた投稿者
クラウディアン facebook twitter
クラウディアンは、業界で最も高度なS3互換性と、広範なパートナーシップエコシステムを備えた、最も広く導入されているオブジェクトストレージシステムの独立ベンダーです。 ソフトウェア定義のストレージ製品HyperStoreは、無限の拡張性とクラウドライクのテクノロジー、柔軟性、そして経済性をデータセンターに提供します。 クラウディアンの分散オブジェクトストレージによるグローバルなデータ管理技術により、単一の統合プラットフォームを構築し、オンプレミスとパブリッククラウド両方のサイトにわたりデータをシームレスに保存、検索、保護することが可能となります。
関連記事の一覧