ホーム > ソリューション紹介の一覧 > ビジネストークを「見える化」し、改善効果の高い指導方針を実現「UpSighter(アップ・サイター)」
ソリューション紹介

ビジネストークを「見える化」し、改善効果の高い指導方針を実現「UpSighter(アップ・サイター)」

2020/09/09 コグニティ

UpSighter(https://upsighter.com)は、営業トークやロープレの録音データをアップロードするだけでトーク内容を自動解析し、業績上位者とのトーク内容の比較を行い具体的な改善点をAIが提示するサービスです。UpSighterを導入した企業は営業部門の業績向上や底上げが見込め、これまで上場企業を中心に120社以上に導入されています。

ログイン(要会員登録)すると本文がお読みいただけます。
この記事を書いた投稿者
コグニティ facebook twitter
「思考バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。営業や人事部門の管理者が抱える「指導コストの多さ」や「評価ブレ」に対して、コグニティが展開する「UpSighter(アップ・サイター)」は、営業トークや面談などビジネスコミュニケーションをAI技術によって定量化して比較・解析。
関連記事の一覧