ホーム > ソリューション紹介の一覧 > 【横浜銀行様・京都銀行様 ご導入】AIによる登記情報の自動解析『契約書・担保台帳自動作成システム』
ソリューション紹介

【横浜銀行様・京都銀行様 ご導入】AIによる登記情報の自動解析『契約書・担保台帳自動作成システム』

2020/09/10 ホームズ

ホームズのオンライン登記情報システムでは、AIによる登記情報解析・DB化技術を活用し、金融機関様の業務に特化したソリューションをご提供しております。

本ページでは、横浜銀行様、京都銀行様にご利用いただいております
「契約書作成システム」について

京都銀行様にご利用いただいております
「担保台帳自動作成システム」を利用した不動産評価システム連携についてご紹介いたします。

金融機関でログイン(要会員登録)すると本文がお読みいただけます。
この記事を書いた投稿者
ホームズ
ホームズは、ペーパレス化時代の到来を予見し、登記情報のデジタル活用をコンセプトに、いち早く、電子登記情報のテキスト化を実現しました。さらに、特許技術である登記情報の法律行為を自動解釈するAIで、登記情報を自動解析・データベース化する技術を開発、現在は、「登記情報システム」を中心に、「担保台帳自動作成システム」や「契約書自動作成システム」等、登記情報をデジタル活用する様々な機能を開発、ご提供しております。
登記情報はシステム化により、必要な情報を必要な場面でIT活用する事が可能となり、データベース化することは、マーケティングへの活用等、新しい価値の創造につながります。
これからも、ホームズは、 登記情報デジタル活用により、お客様の業務効率化や業務品質向上に貢献していきます。
関連記事の一覧