ホーム > ソリューション紹介の一覧 > 不動産担保融資業務支援ソリューションは、不動産登記情報を自動で解析・データー化し、登記記録内容評価の効率化、担保評価・融資審査業務のデジタル化を強力に支援します!
ソリューション紹介

不動産担保融資業務支援ソリューションは、不動産登記情報を自動で解析・データー化し、登記記録内容評価の効率化、担保評価・融資審査業務のデジタル化を強力に支援します!

2020/09/14 ビービーシー

 司法書士と土地家屋調査士の先生方に絶大な信頼を有する2in1スーパー登記情報を「金融機関向けスーパー登記情報Type‐F」としてお求めやすい価格でご提供します。「使いたい時に、使いたい分だけ」不動産登記情報を自動で解析・データー化できます。「スーパー登記情報Type⁻F」で取得した登記情報は、そのままのデータで保存し、共担情報をデータベース化します。これにより以下のメリットが挙げられます。
 ①絞込み検索で必要な情報をピックアップ
 ②所有者や持分の情報を即座に発見
 ③債権の情報も即座に発見
 ④差押など登記目的の注意喚起ができる
 ⑤共担物件の請求が可能
 ⑥表形式のままExcel出力可能

ログイン(要会員登録)すると本文がお読みいただけます。
この記事を書いた投稿者
ビービーシー
 弊社は1975年に設立し、税理士・司法書士・土地家屋調査士・弁護士事務所様向けの業務支援システムを開発してまいりました。
 2012年にある税理士法人様とのお話がきっかけで、相続管理システムの開発に着手し、士業で養った技術を投入し、生前から相続開始までの案件管理、相続分自動計算、相続診断書、財産分割をはじめ小規模宅地・二次相続暦年贈与のシミュレーション、工夫を凝らした取引相場のない株式株価、証券の最終価格、月平均額の表示等を盛り込んで作成しました。
 その後、税理士様のお勧めもありFITに出展し、銀行・信用金庫・証券会社・生命保険会社様にご活用いただける「相続センター/窓口受付システム」を開発・販売しています。
関連記事の一覧