ホーム > ソリューション紹介の一覧 > 磁気カード関連機器には、磁気カード分析機、磁気カード発行機(エンコーダ)、磁気カードチェッカー、マグミエカ(磁気検知カード)があります。
ソリューション紹介

磁気カード関連機器には、磁気カード分析機、磁気カード発行機(エンコーダ)、磁気カードチェッカー、マグミエカ(磁気検知カード)があります。

2020/09/16 ケンプラス

磁気カード分析機SV-3000は金融関連の大手カード・機器メーカー7社様の共通認定機に指定されていて、カード製造・運用のプラットフォームになっています。
カード製造時には隠蔽印刷の場合、発色と磁気出力の低下とのバランスをとる必要がありますが、SV-3000があれば両者の接合点を見いだすことが可能になります。
また、磁気カードは磁石が当たるとデータが飛んで読めなくなる弱点がありますが、減磁・消磁カードの着磁パターンを即座に見ることができるマグミエカ(磁気検知カード)や磁気カード発行機(エンコーダ)も開発しています。
ケンプラスは「磁気カードの困った」を解決するソリューションをご提供いたします。

この記事を書いた投稿者
ケンプラス
ケンプラスは磁気カード関連の専業機器メーカーです。
磁気カード分析機SV-3000は金融関連の大手カード・機器メーカー7社様の共通認定機に指定されていて、カード製造・運用のプラットフォームになっています。
磁気カードは発行と読取りのインフラが整っていて、単価も安く、しかも券面デザインの制約がないのでとても利用し易いカードですが、磁石が当たるとデータが飛んで読めなくなる弱点があります。
ケンプラスでは減磁・消磁カードの着磁パターンを即座に見ることができるマグミエカ(磁気検知カード)や磁気カードチェッカー、磁気修復用カードエンコーダー(書込機)も開発しています。
「磁気カードの困った」を解決するソリューションをケンプラスはご提供いたします。
関連記事の一覧