ホーム > ソリューション紹介の一覧 > Balance Gateway - 監査人への残高証明発行業務のWeb化
ソリューション紹介

Balance Gateway - 監査人への残高証明発行業務のWeb化

企業の財務報告の信頼性を保証する会計監査業務において、企業の財務諸表項⽬を金融機関を含む取引先に直接確認することが必須の手続とされています。しかしながら、各監査法人から送付される紙媒体の確認状に対し、回答者である金融機関の方々が多大な事務作業を要していること、また、コロナの影響が続く中、紙面の取り扱いのため出社が必要となることが、各社が取り組まれているリモートワーク推進の阻害要因となることは、会計監査における重大な共通課題でした。

当社の提供するBalance Gatewayは、そのような課題を解決する残高確認手続の包括的なプラットフォームサービスです。本年10月に完成予定の銀行確認状用のプラットホームでは、金融機関の回答者がWeb上のシンプルな操作によって電子の銀行確認状に回答することが可能となり、従来の実務に比して残高確認手続に必要な事務作業の軽減がされるほか、スピーディな残高確認が実現します。

金融機関でログイン(要会員登録)すると本文がお読みいただけます。
この記事を書いた投稿者
会計監査確認センター
会計監査確認センター合同会社は、監査業界の共通課題の解決を図るため、有限責任あずさ監査法人、EY新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、およびPwCあらた有限責任監査法人の4監査法人の共同出資によって2018年に設立された会社です。当社は、日本の会計監査を変革する基盤として存在することを理念に、会計監査が抱える課題に対するソリューションを提供し、社会全体に価値を与えることを目指しています。
関連記事の一覧