ホーム > ソリューション紹介の一覧 > 事例紹介:横浜銀行 オムニチャネルシステムの高度化とお客様手続きの電子化を支えるデータベース ―今回の導入により高速性と安定性が向上、夜間バッチ処理およびバックアップの時
ソリューション紹介

事例紹介:横浜銀行 オムニチャネルシステムの高度化とお客様手続きの電子化を支えるデータベース ―今回の導入により高速性と安定性が向上、夜間バッチ処理およびバックアップの時

日本最大規模の地方銀行である横浜銀行は、地域・お客様本位の姿勢を守りつつ、スピード感を持って新しい課題に取り組んでいます。その一環として、オムニチャネルシステムの高度化とお客様手続きの電子化推進を目指して検討を重ねたところ、データベースのストレージの性能や耐障害性に課題があること、その課題を解決できるのはピュア・ストレージであるという結論に至りました。ピュア・ストレージの導入により、データベースの性能向上はもとより、夜間のバッチ処理によるデータ更新およびバックアップ時間の大幅な短縮が可能となりました。

金融機関でログイン(要会員登録)すると本文がお読みいただけます。
この記事を書いた投稿者
ピュア・ストレージ・ジャパン facebook
オールフラッシュ・ストレージにおいて最も成長している企業 Pure Storageが提供する次世代型プライマリ・ストレージ製品は、全てのストレージをフラッシュメモリで構成。かつては高価であったフラッシュ・ストレージを、同社は汎用的なハードウェアを採用することでHDDベースのストレージと同等の価格で提供することに成功している。また、製品は、低遅延、高速I/O処理、独自のデータ削減機能による高容量効率、モジュール型アーキテクチャによる耐障害性、最大の特長である高可用性(保守時間を含めた稼働率99.9999%以上)を実現。
関連記事の一覧