ホーム > ニュースリリースの一覧 > 内外のセキュリティ脅威から重要システムを守る特権ID管理ソフトウェア ESS AdminControl 最新バージョン1.6販売開始
ニュースリリース

内外のセキュリティ脅威から重要システムを守る特権ID管理ソフトウェア ESS AdminControl 最新バージョン1.6販売開始


内外のセキュリティ脅威から重要システムを守る特権ID管理ソフトウェア「ESS AdminControl」 最新バージョン1.6販売開始

~仮想基盤の管理者アカウントに対応しプライベートクラウド環境での適用領域を拡大~


システム運用のリスク管理ソリューションを提供するエンカレッジ・テクノロジ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石井 進也、以下、「当社」)は、内外のセキュリティ脅威から重要システムを守る特権ID管理ソフトウェア「ESS AdminControl」の最新バージョン1.6を、8月31日より販売開始いたしましたので、お知らせいたします。

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
エンカレッジ・テクノロジ
コンピュータシステムの安全と安定稼働を支援する国産パッケージソフトウェアベンダー。
お客様の要望をもとに拡張・改良を重ねた機能・品質・手厚いサポートにより、150以上の金融機関を含む580以上の採用実績を誇る。
関連記事の一覧

ページ上部へ